X SERIES

〈LINE〉シリーズ(2019-)は街中の記号(道路標識、カラーコーン等)をモチーフに制作され、錯視や視覚の原理を利用した彫刻作品群です。本作品は見る位置によって見え方が変化する作品です。視覚的に色のリズムを楽しむことから、「人の視覚認知」をテーマに制作されています。

The "LINE" series (2019-) is a series of sculptures created using symbols (road signs, colored cones, etc.) in the city as motifs, utilizing the principles of optical illusion and vision. This work changes its appearance depending on the viewing position. The work is based on the theme of "human visual cognition," as the viewer visually enjoys the rhythm of colors.

siro黒_アートボード 1.jpg

AIII

L60

Y200

tR25

​tR45

TR20